看護師求人&転職比較ランキングサイト!『2014年最新版』

 

 

 

 

病院の老人ホームも介護の仕事

 

 

 

看護師の仕事は時間の拘束と、夜勤などの拘束があり、身体の疲れが取れない状況の毎日です。

 

 

仕事場の環境にもよりますが、各病院の看護師は人手不足気味で推移しているようです。

 

 

国からの補助が無い限り、看護師が増えるということはないと思います。

 

 

看護師の人数が少ないことで、一人の仕事量が半端じゃなくて多いですね。

 

 

看護の仕事をすることに、やりがいを感じて病院に入って仕事をしますが、その仕事もあまりにキツイと、どうしてもやりがいというよりも、楽な仕事のことを考えてしまいますね。

 

 

仕事の分担ができるような仕組み作りを病院が、人数を増やすことの出来るようにすることを国が、時間と金と労力を注ぐことが一番の課題だと思います。

 

 

これからの時代は病院にいくことも増えるだろうし、老人ホームにいくことになるかもしれません。

 

 

まだ日本の介護世代は、今からが大きな変化の時です。

 

 

今考えなければ、次の世代の病院は衰退していくことでしょう。

 

 

国を国民も考えましょう。

 

 

 

 

寒くなっても脱水への警戒は大事です

 

 

寒くなってきたので「やっと脱水の患者さんが減る」と思っていませんか。
北国ではこれからが危ない季節なのです。

 

 

理由は「暖房」。
気密性の良い温かい室内で大人しく生活していると、いつの間にか不感蒸泄が亢進して脱水になっていくのです。

 

 

この傾向は高齢者ほど気付きにくいのでやっかいです。

 

 

 

何しろご本人が「こんなに寒いのに脱水はあり得ない」とかたくなに思い込んでおられます。

 

 

さらに高齢者は喉の渇きを覚えにくくなっています。
そもそも自覚症状が出た時点ではちょいと遅きに失するという感じではありますが。

 

 

 

そしてさらにやっかいなのは、「体を動かさないと喉の渇くレベルまで脱水になっていても喉の渇きを感じない」方が多いようなのです。
このような場合、訪問看護ではどうするか。

 

 

 

 

よそ様の台所はお城だからどうこうと言う場合ではありません。

 

 

「お茶入れますねー」とズカズカ台所へ侵入してお茶を入れ、塩を一つまみパラパラ。

 

 

 

今日はともかく、明日以降どうしよう?
ヘルパーさんに連絡しちゃおう…と、連携技を発動します。

 

 

 

病院受診レベルならば、すぐ受診して点滴などの相談をします。

 

 

 

 

 

活躍の場が広がりつつある看護師

 

 

日本において、看護師が活躍できる場が年々増えてきているのではないかと考えられています。

 

 

医療現場を中心として看護師が幅広く求められるようになったためであるとみられており、それに伴い看護師の働くことのできる場が多くなってきつつあるのではないでしょうか。

 

 

 

このようにして、看護師が複数の場所から求められるようになってきている状態は、今後も継続していくのではないかと推測されています。

 

 

 

 

医療機関が多くの地域で増加してきており、ニーズも高くなってきつつあるため、看護師が活躍できる場が一層増加していくのではないでしょうか。

 

 

 

新たに開設される医療機関では、積極的に看護師を募集する傾向が強くあるため、そのような状況も看護師の活躍できる環境が構築されることへとつながっているのではないかと思います。

 

 

 

今後もより多くの看護師が日々活躍でき、充実した労働ができる職場が徐々に増えていくことが期待されていくのではないかとみられています。